審査の結果に不満がある場合誰に相談するべきなのでしょうか

キャッシングの審査に納得がいかない場合の相談場所はありますか?

まずキャッシングの申込をする際、自分と金融機関は対等の関係ではないという事を覚えておく必要があります。もちろん相手はお金を貸すことが商売ですし、最近は顧客獲得のために知恵の絞り愛をしているほどです。しかし「この人には危なくて貸せない」と判断されたら貸してくれませんし、各金融機関で定めている診査基準より高い融資額を設定することはできないのです。
つまり、金融機関側で融資限度額を決めてきたらそれに従うしかないのです。もちろん気にいらなければ断ることは自由です。気にいらないけどしぶしぶ契約するという事はしない方が賢明であり、納得がいかなければ別の金融機関に申込をすればいいのです。ただし、提示された融資限度額が気にいらないことを理由にして、訴訟を起こしたりすることはできません。
キャッシングの審査に納得がいかない人の多くは、融資限度額が自分の年収の3分の1以下になっているという事が多いようです。しかしこの3分の1と言う規制は、他の金融機関から借りている無担保融資の合計額を含めているのです。そのため、クレジットカードのキャッシング枠なども含まれてしまうのでこのような不満が生じることがあります。
また、どのような取引でも同様ですが、初回取引は相手を疑いの目で見ることが多いです。そのため、他に全く借入がなくても年収の3分の1以下の限度額しか設定しないことはあります。この場合、借入れや返済を続けることで取引履歴が蓄積されますから、後日増額申請すればいいのです。
銀行のキャッシングは敷居が高いと言われていますが、給与振込等の実績がある場合、カードローンの申込がすんなり通ることがあります。これは今までの取引履歴から「信用」をしてくれたためです。