キャッシングの審査を回避する方法はありますか?

キャッシングの審査は、お金を貸す金融機関がその人にお金を貸していいかどうかを決める手続ですから、
これを省略することはできません。
ブラックリストに載ったしまった人の場合、どこの金融機関でも借入ができないので、
偽名を使う方法で審査をすり抜けようとしますが、
最終的に運転免許証や源泉徴収票という本人確認書類を見れば嘘がばれます。結局回避しようとしても無理なのです。

 

最近のキャッシングやクレジットカードの申込書を見ると、運転免許証の番号を記載させることが多くなったようです。
免許証番号は本人確認のための1つのIDですから、
個人信用情報機関の確認事項として使っているかもしれません。
真偽のほどは明らかではないのですが、このような手段をいろいろと駆使して審査を正確にしようとしているのです。

 

キャッシングの審査の主目的は、融資限度額の決定という意味合いが強いのですが、
同時に他人に成りすました契約を封じ込めることも大きな目的になっています。
マネロン規制で銀行の口座開設で本人確認を厳重にしているように、
消費者金融などでも本人確認は厳重にしています。
キャッシングはマネロンと関係ないではないかと言われますが、ブラックリストに載った人にお金を貸すことはできないため、同様に本人確認を厳重にしているのです。
キャッシングの契約をする上で審査を回避することはできません。そのため、自分の年収をごまかす人も出てきます。偽造した源泉徴収票を使って融資の申込をする人もいます。しかし、怪しいと思われると審査を落とされてしまう可能性があります。職業から大体の年収の水準を消費者金融も知っていますから、不自然な場合確認の電話が入ることも少なくありません。

 

 

↓一番人気のキャッシング先はこちら↓

 

http://www.acom.co.jp/