なんで審査が必要なの??

お金を借りるに当たり、借りる方の審査は絶対に避けられません。よく考えてみましょう。仮に、あなたが複数のお友達から「お金を貸してほしい」と依頼を受けました。Aさんは年収500万のサラリーマンで妻子あり。Bさんはフリーターで悠々自適なひとり暮らし。Cさんはニートに近い生活を実家で送っている。さぁ、あなたなら誰にお金を貸しますか?リスクがあるから誰にもお金を貸さない、という方もいれば、Aさんは安定した収入があるから、Aさんには貸してあげる、と判断するかも知れません。お友達との貸借には利息が発生しませんが、それでもリスクは考えますよね。
Aさんに10万円を貸したとしましょう。それでも、いっこうにAさんからの返済はありません。貸した後で、Aさんは安定した収入がありながらも、既に数百万単位での債務を抱えており、貸した10万円は既にその利息分として払ってしまい、今は返すお金が無い、という事がわかる事も十分あり得る訳です。個人の貸借で、ここまで事前にわかるという事はありませんよね。この程度の情報も知らずにお金を貸す様なカード会社は、すぐ破綻してしまうでしょう。
これらのサービスを生業にしているカード会社がお金を貸すに当たり、これくらいの情報を事前に知っておかない限り、お金を貸す訳にはいかないのです。カード会社は利息収入で経営をしていると言っても良いですが、誰にもお金を貸すという非常にリスキーな対応はしません。あくまで商売ですから、回収不可になって不良債権を生むという事は絶対に避けなければならないのです。そういった意味でも、借りる方に関する審査は綿密に実施するのです。
中には審査無し、と謳っているカード会社もありますが、実際は簡易ながらも審査をしていますよ。