ブラックリストに載ったらキャッシングの申込は無理ですか?

事情はどうあれ、一度支払遅延を起こして個人信用情報機関にその旨の登録がされてしまうと、一般的にブラックリストと言われる状態になり、キャッシングはもちろんのこと、クレジットカードの申込も不可能です。
ブラックリストの登録対象になった人と言うのは、金融機関ごとに多少の差はありますが、1回程度の支払遅延ですぐ登録されることは少ないです。登録されてしまうのは、支払遅延を繰り返したり、遅延後金融機関からの連絡にも応じず督促状を送られたようなケースです。つまり、1回や2回程度の口座残高不足で引落ができない程度であれば、ブラックリストに載ることはないのです。言い方を変えればブラックリストの対象になったという事は、相当ひどい状態にあるというわけです。
ただし、昔からこのようなブラックリストの対象者に対してもキャッシングをさせている消費者金融はあります。もちろん融資限度額は10万円単位と少額ですし、金利も貸金業法の限度ギリギリです。しかし、借りる必要がある人は、このような消費者金融をネットで探して頼っていくのです。
このような消費者金融の審査は、一般的な消費者金融のように30分とか1時間で審査は終わりません。ブラックリストの対象になってしまうような事態になった理由を確認するのです。当然多重債務の状態にあるため、現在背負っている借金の総額をチェックします。同時に収入と毎月の支出のチェックは厳密です。特に通常のキャッシング審査では平均的な家計支出から推計している支出についても、きちんと申込者に対して確認をしています。そうしないと返済余力を確定できないためです。
ブラックリストの対象者も、やむを得ない事情でそうなってしまった人もいます。事情によっては救いの手を差し伸べてくれる消費者金融はあるのです。