CRINとは?

信用情報機関での共有ネットワークとして、「CRIN」というものが存在する旨をご紹介しましたが、それではこのCRINとは、いったい何ものなのでしょうか?
CRINとは、「Credit Information Network」を意味しており、全銀協・CIC・JICCの3機関が共同で運営する信用情報交流ネットワークの事を指します。主に、契約者への過剰な貸付を防止し、事前に多重債務になるのを防ぐ(・・・というのは表向きであり、実際はカード会社側の不良債権を事前に防止する事が目的)のを目的で発足した様です。
このCRINにより、個人情報が全て筒抜けなのでは?と思われがちですが、実際には各信用情報機関が保有している信用情報を全て共有している訳ではありません。
主にCRINで共有する情報は、契約者本人からの申告情報と、事故情報の2点となります。契約者からの申告情報が何を指しているのかと言うと、免許証などの身分証を紛失してしまったり、カードを紛失してしまったり等により、一時的に利用を停止したいとの申し入れがあった際に登録され、共有されます。また、事故情報については別途詳しくご紹介しますが、債務の延滞や債務整理などの情報がCRINで共有されてしまいますので、事故情報が載った時点で、ほぼ全てのカード会社が情報を共有していると認識すべきでしょう。
基本的に共有される情報は上記2点のみですので、契約者からの申告が無く、また事故情報も無い、至極普通に利用されている方の情報が、共有される事はまずありません。例を挙げると、信販系カード会社から融資を受け、きちんと返済できている場合は、情報はCICのみで管理され、全銀協やJICCで情報を見る事ができないのです。