山梨中央銀行

山梨中央銀行の個人向けローンは、目的ローンの金利が安くて融資限度額も大きいのに対し、フリーローンやカードローンなどの目的を問わないローンの融資限度額や金利が高めであることが特徴です。このことから銀行の融資姿勢がわかってくるのですが、山梨中央銀行の融資審査は他の銀行に比べて厳しめであると言えます。要するに、危ない分野のローンは融資限度額を少なめにし、健全なローンだと思われる目的ローンは、他行に比べて融資限度額を拡大しているのです。
そのことがよくわかる例として、フリーローンが挙げられます。使途を特に定めていないローンとして、ライフサポートローンとフリーローンの2種類があります。しかし、前者は目的を定めていないとはいえ、旅行資金や結婚資金とある通り、ライフイベントとして一般的な用途を例示しています。これに対し、フリーローンの方は特に例示がされていません。双方ともにネットからの申込なので、どちらのローンを選択してもいいのでしょうが、ライフサポートローンの方はある程度の使途を確認してくると思われます。もちろん両者の差は金利差であり、信用度の高い顧客はライフサポートローンを選択するでしょうが、このような違いが隠れていることは覚えておいた方がいいでしょう。
カードローンは限度額300万円のローンがありますが、金利は300万円という限度額からすれば低めではないかと思われます。他の銀行ではもっと低い金利を提示していますが、ほとんどの銀行カードローンの融資上限額は500万ですから条件が違うのです。もっとも、信用力がある顧客であれば、自分の信用を使い切ることなく融資限度額が決まってしまうためちょっともったいないかもしれません。