審査の結果が残念だった場合、その対策方法はありますか

キャッシングの審査で落とされたらどうすればいいですか?

キャッシングの審査で落とされる理由としては、既にブラックリストに載っているような事態になっているか、
既に借りている融資残高が多すぎて貸金業法の融資制限に達しているかどちらかの例が多いです。
いずれの場合も事態は深刻です。

 

ブラックリストに載っているかどうかの判断は、自分自身で個人信用情報機関に照会をすることで確認することができます。郵送でも取り寄せることができますから、わざわざ事務所に行く必要はありません。ただし、5年程度以内に消費者金融などの金融機関からの借入の返済が何度も滞ったり、督促状が来た経験があればブラックリストの可能性が高いでしょう。
ただ、そのような理由が思いつかないこともあります。その際は自分の信用情報を取って確認することをお勧めします。自分の知らない間に自分名義で借入をしている人がいるケースがたまにあります。自分の個人情報が漏れていると、免許証などを偽造して他人が借入をしているケースがあります。あまり、考えたくないのですが、自分の親族が勝手に自分の名義を使って借入をしているケースも過去にはありました。
自分に何らかの心当たりがあるようでしたら、しばらくの間はキャッシングの審査を受けても通ることはありません。クレジットカードの新規申込も審査で落とされるでしょう。しかし、ブラックリストではなく、融資限度額が上限に達している場合は、多重債務になっているケースが多いと思われますので、最近宣伝が多いおまとめローンの活用をお勧めします。この場合、融資を一本化することで貸付額が多くなることで融資利率の低下が期待できます。一本化することで自分自身の借金返済計画も立てやすくなることもメリットの一つです。